初心者にもわかる青色申告の仕方

IT系の事業者は開業届とともに、青色申告を提出することがお勧めです。
白色申告よりも控除される金額が多く、節税対策の一つとして最適です。
特定継続的役務提供関連の仕事であれば、たいていは承認されるので簡単に登録できます。

青色申告は、開業届とともに各地域の政務書の棚に置かれているものです。
職員に質問すればすぐに出してもらえますが、必ずコピーを用意する必要もあります。
まずは開業届と青色申告承認申請書を受け取ります。
この時に従業員がいるようであれば給与支払事務所の開設届も必要です。

基本的な書類の提出の仕方は、一部ずつ記載した申告書類を印鑑を押す前、または押した後にコピーして、それぞれの書類を二通ずつ税務署に持っていきます。
すると、税務署では二通両方に承認の印を押してくれるので、一通は事務所で保管し、一通が税務署へ提出になります。
確定申告や他の申請の際には控えがないといけないこともあるので、こうしたやり方は忘れずにやっておきましょう。

実際に確定申告をする際には、基本的には一般的な申告と同じで、申告書類に書かれている書き方と同じように記載していき、決算書や貸借対照表や損益計算書をまとめます。
正式な書類に記載する時には、控除額が青色申告であれば65万円とかけるので、税金の納付額がある程度減らせます。
たとえ1円でも納税対象の金額が上がれば税金は上がってしまうので、事前にやり方を工夫して金額調整などをしておかないと、無駄に税金が高くなってしまうので注意しましょう。
特に、開業して間もない方にお勧めのサイトはこちらです。⇒「確定申告前にチェック!個人事業主税金対策

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>