IT系事業者の青色申告のやり方

事業主が申告する確定申告には、青色申告と白色申告の二種類があります。これらは、個人事業の開業届を出すときに、同時に申請することが可能です。
ここで申請を出さずにいると、確定申告の控除額は38万円の少ない額になってしまいますが、それでも申告は可能です。

青色申告承認申請を出しておけば控除額が65万円になるので、節税としてはかなり重要です。
多くは否認されないもので、青色申告をしたいという書類を税務署に提出すればよいので、やり方はかなり簡単です。
書類の書き方も簡単で、開業届と同じように記載するだけです。
IT系の事業者でも、こうした書類などのやり方は実際に出来るようにしておかないと損をしてしまいます。

税金関係の申告は売上から経費を差し引いたものが申告対象になるので、経費をしっかりと計上することが大切ですが、IT関係の仕事では経費はあまりかからないことが多いです。
そのため、税金対策は立てにくいことが多いです。
しかし、資料代やお茶菓子代などはある程度は経費にできるので、しっかりと計算しておくとよいでしょう。

SOHO型の働き方をしている時には、電気代やその物件の家賃も経費に割くことができます。
ある程度は税理士とも相談しながら会計処理をしていけば、問題は無くせるでしょう。
売上が1000万円以上になる場合には、消費税もかかるようになるので、売上が伸びすぎないように気をつけることも大切です。
様々な税制の知識ももって事業に取り組むとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です